歩の役割

北島忠雄将棋教室

今回は歩の役割について、お話します。まず歩には壁の役割があります。お城に例えると相手の攻撃から自陣の駒を守る城壁の役割です。そして、ひとたび戦闘が始まると最前線で相手の駒と最初に戦う戦士になります。仲間を守る優しさと敵陣で戦う勇気を持った駒、それが歩兵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です