勉強方法

将棋の勉強child_syougi01_b_03は棋書を読む(テレビ、インターネットでの将棋観戦も含めます)棋譜を並べる、将棋を指す、詰将棋を解く、の四通りやり方があります。
初心者におすすめなのは、将棋を指すと詰将棋を解くです。将棋をたくさん指すことで、ただの駒が、それぞれ、どのマス目に力を持ち、どのように連携しているのかが理解できるようになります。この駒の力の可視化(頭の中でのおはなしですが)できるかどうかが、上達における最重要ポイントです。
最近はPCの将棋ソフトやスマホのアプリで、手軽に将棋を楽しめる環境がございます。しかし、実際に、盤駒を使って対局するのが一番です。視覚だけでなく指先から脳へ情報を伝達することが、将棋の知識を定着させる有効な方法になります。

詰将棋は、まずは1手詰に挑戦してみましょう。やさしい問題を多く解くことで読みの力が付き詰み形を覚えることが出来ます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です